短時間で歯を白くするシステム【セレック】

歯型を取らずに白いセラミックの詰め物を削り出す――それがセレックシステムです

歯型を取らずに白い詰め物・被せ物を作る方法があります。それがセレックシステムです。初めに3D光学カメラでお口の中をスキャンし、そのデータをもとにコンピューター上で設計。ミリングマシンがセラミックブロックを削り出します。

セレックシステムでは、短時間で精度の高い詰め物・被せ物ができあがります。ほとんどのケースで即日治療が可能です。素材は身体にやさしいセラミック。金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がなく、ほかの素材を使った白い詰め物・被せ物より比較的安価で作製できます。

セレックのメリット・デメリット

メリット

  • 型取りの必要がありません。そのため、嘔吐反射が強く、型取りのための印象材の硬化までの数分間を保持できない患者さんにも有効です。
  • 短期間かつ比較的安価に白い詰め物が手に入ります
  • メタルフリーで金属アレルギーの心配がありません
  • 矯正治療などの前処置での仮修復の際に、劣化しやすいプラスティックの替わりに使用することも可能です
  • 品質のよいセラミックブロックを使用するため、高い強度にもかかわらず表面が比較的なめらかで、対合する歯が摩耗しません

デメリット

  • 複数の歯を連結固定するブリッジには使用不可です
  • 模型でのチェックがないため、咬み合わせ部や隣接部の調整が多い傾向があります
  • 厚みがあると修復物の適合に影響することがあります

セレック治療の流れ

1.スキャン(型取り)

歯を削った後、3D光学カメラで口腔内を撮影(スキャン)します。すぐに患部の歯列がモニター上に再現されます。

2.詰め物・被せ物の設計

コンピューターの3D画面上で咬み合う部分などを微調整し、理想的な形にして修復物を設計します。また、お口の歯に合わせて適した色のセラミックブロックを選択します。

3.作製

コンピューターで設計されたデータをもとに、ミリングマシンがセラミックブロックを自動で削り出します。

4.口腔内セット

作製されたセラミックの詰め物・被せ物を口腔内へセットします。

素材や色合いを選べる審美素材についてはコチラ

ピックアップコンテンツ